天然素材の無添加石鹸

美を語るには欠かせないのがスキンケア、その中でも基礎化粧や洗顔は毎日の積み重ねがモノを言う重要なポイントです。そこで今回は洗顔の中でも特に気を付けたい石鹸選びにつてご紹介したいと思います。石鹸と言っても色々な商品が出ていると思いますが、今回特に注目したいのが最近人気のある「無添加石鹸」です。

無添加石鹸の無添加ってなに?

環境への関心が高まる近年では、「無添加○○」と言うのが流行りで、単語だけが独り歩きしている傾向があります。そこで無添加石鹸を見ていく上でまずはこの「無添加」と言うものがなんなのかをチェックしたいと思います。まずはじめに無添加と言う単語から想像がつくのが「無添加=添加物が入っていない」と言う事です。つまり何が添加物として扱われているかが分かれば無添加石鹸が何かが分かると言う事になります。

旧厚生省が定めた旧指定成分

無添加石鹸と呼ばれるためには旧厚生省(現厚生労働省)が1980年に定めた表示指定成分(現在では旧指定成分と呼ばれています)が入っていない事が条件となります。つまりこの旧指定成分が添加物の正体です。さらに詳しく見ていくと、この旧指定成分とは「ごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」としてリスト化された102種類の成分がそれに該当し、これらの成分は実際に商品として利用されている中で、なんらかのトラブルが報告されたものも含まれています。しかし、これらの旧指定成分が入っていると必ず肌にトラブルが出ると言うものではありません。

無添加石鹸の探し方

少々前置きが長くなりましたが、実際に無添加石鹸を探すにはこの成分をチェックしてこの102種類の旧指定成分が入っていない事を確認する必要があります。しかしこれを1つ1つ行っていくのは大変な労力です。そこで活用したいのがインターネット、ありがたい事に世の中にはそれらの成分が含まれるかをチェックした上で、おすすめの無添加石鹸を紹介してくれているサイトがあります。特にリンク先のサイトでは無添加石鹸がなんなのかについても詳しく説明されているので、一読してみると面白いかと思います。また店頭で購入する場合は「無添加石鹸」と明示されているものを選ぶのが良いと思います。香りが良くて肌に良さそうなイメージだけで選ぶと意外と旧指定成分が入っていたり、香料が入っていたりするのでパッケージや宣伝文句だけを頼りにするのはやめましょう。

完全無添加石鹸

先にご紹介したサイトには「無添加石鹸」の他に「完全無添加石鹸」と言う分類があるとされています。これは無添加石鹸よりも厳しい基準で選考された無添加石鹸で、旧指定成分意外にも、人工的な成分を一切使用されていない、天然成分のみでつくられて石鹸を指しています。敏感肌でデリケートな方は完全無添加石鹸を試してみてはいかがでしょうか。パッと見は少々価格は上がりまあすが、天然成分で作られている物は往々にして手間暇がかかるのでこの辺りは妥当な価格と言えます。

美魔女の飲み物

美魔女の栄養素

美魔女の秘密グッズ